書 名
キルケゴールのキリスト論
出版社
新教出版社
ISBN
978-4-400-31097-6
価 格
4,950円(税込み)
書籍説明
デンマーク近代化の中からキリスト論を読み直す

従来キルケゴールの体系批判はヘーゲル批判と結びつけられてきたが、実はハイベアやマーテンセンといった同時代のヘーゲル主義者に向けられていたのだ。彼らはデンマーク社会が直面した自由主義的要求に各様に応答したが、キルケゴールは両者と異なっていた。その相違の核心をキリスト論に見出し、その理路を解明した俊英の力作。
inserted by FC2 system