書 名
キリスト教の看取り・送り 
出版社
キリスト新聞社
ISBN
978-4-87395-830-9
価 格
1,650円(税込み)
書籍説明
牧会における重要な役目のひとつである「看取り」。教会に任された業でもある「送り」。古から続いてきた教会の営みを、周死期のケア、家族・遺族へのケア、葬儀などさまざまな視点から、ポストコロナの日本社会における、「看取り」と「送り」をもう一度考える。同大教授陣のほか、第一線で人々の「死」に向き合ってきた牧師、病院チャプレン、葬儀社職員、教誨師たちの講演を収録。
inserted by FC2 system